FC2ブログ

浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

センバツ高校野球

だいぶ、更新が御無沙汰になってしまいました。

今、センバツ高校野球が熱いですね!

福井県代表の敦賀気比高校が準々決勝進出と快進撃を続けています。このまま優勝まで

突っ走っていってもらいたいです。

今回、某高校監督が「21世紀枠に負けて、末代の恥」と言って問題になりましたね。

様々な波紋を呼び、ついにこの監督は辞任しました。悔しさの余り、こんなことを言った

のかもしれませんが、みんな、勝ちたくて必死に練習に練習を重ねています。それこそ

明けても暮れても、勝利の二文字が欲しくて、すべての時間を野球に費やしていると

言っても過言ではないでしょう。それこそセンバツ大会に出るような学校ならば、

ボーっとしている部員はいないはずです。負けたのは、相手の努力の量が自分より

勝っていたから。己が負けたことを”恥”で済ましては、進歩も向上もありません。


 1万年堂出版の新刊「まっすぐな生き方」に武田信玄がなぜ強かったのか、紹介

している章を見てみましょう。

 思いがけない事態が起きると、

「運が悪かった」と嘆く者ばかりだ。

 しかし、信玄は、これを否定する。

「運」「不運」で片付けてしまっては、進歩がないからである。

 どんな結果にも必ず原因がある。

 悪い結果が起きたならば、その時、その時、きちんと

反省し、改める努力をしてこそ、未来が開けていく。

これが信玄のモットーだった。



 今回の発言はこの逆。きちんと何が悪かったのか、徹底的に反省したならば、

今回のことは自己を向上させる良い機会になり、次の大会では良い成績が残せた

かもしれません。

 この監督の事を縁として、私はどうか、言動を反省しなければならないと思いました。
スポンサーサイト

こまどりのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明日から新年度! | ホーム | つぶやき…>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。