FC2ブログ

浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

正しく聞くことは難しい

今日は何の日でしょう?日曜日?テレビ座談会の日?それはそうなのですが、親鸞聖人のご命日ですよね!
しかも今年は親鸞聖人750回忌ということで、本屋に行けば、親鸞聖人のコーナーが出来ていたり、親鸞聖人関連の本がたくさん出ています。福井新聞では”親鸞なう”なる記事が一面にあり、真宗王国福井ならではだと思います。750年の時を超えて、なおたくさんの人に関心を持たれている親鸞聖人。しかし、どんな事を教えていかれたのか、知る人は稀です。今日、ある人が「寺で報恩講があり、そこで親鸞聖人の話があった」と言われるので、詳しく聞いてみると、親鸞聖人のご一代だけで、正信偈の意味や歎異鈔の解説など教えに関する話は無かったそうです。勉強会に来られる人で「正信偈の意味を知りたい」と言われる人は多いです。浄土真宗と言えば、日本で一番大きな仏教教団でありますが、親鸞聖人がどんなことを教えていかれたのか、知る人、説く人が余りに少ないのはなぜでしょうか?それは正しく理解する人がいないからではないでしょうか?
今日、テレビ座談会では歎異鈔について教えてもらました。歎異鈔には聞き誤りやすいところがたくさんあり、その一つに2章冒頭の親鸞聖人が命がけで訪ねてきた関東の同行に対して、何の労いの言葉もかけられず、いきなり「この親鸞のもとに訪ねてきた目的は『往生極楽の道』ひとつを聞く為だろう」という場面について詳しく教えてもらいました。これを読んだ人の中には「親鸞聖人は何て冷たい人だろう」と思う人があるそうです。他にもまだまだ聞き誤りやすいところはたくさんあるので、歎異鈔は「カミソリ聖教」と言われ、蓮如上人は「誰にでも見せてはならない」と言われています。

善知識にあうことも
おしうることもまたかたし
よくきくこともかたければ
信ずることもなおかたし
(親鸞聖人)

親鸞聖人が「よくきくこともかたければ」、正しく聞くことは難しいと言われている通りです。
長い間、親鸞聖人の教えを聞いて来られた人で「今日、阿弥陀仏とお釈迦様の違いがハッキリとわかった」と毎回のように阿弥陀仏とお釈迦様の違いを聞いてこられたはずの人がこんな事を言われることもあるそうです。つい先ほど聞かせてもらったことで、ハッキリわかったはずなのに、家に帰ると何の話を聞いてきたのか、思い出せないということありませんか?聞いたようで聞いておらず、わかったようで人に話をしてみるとこれがなかなか難しいということはありませんか?なかなか正しく聞くというのは、一筋縄ではいなかい難しいことだということがわかります。だから、何度も同じ事を聞け、と言われるのでしょう。
スポンサーサイト

法話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人生の目的と生き甲斐の違い | ホーム | 温泉街で思う事>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。