浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

人生の目的と生き甲斐の違い

いつも話をして下さっていたY先生がブラジルへ布教に行かれ、涙涙のお別れをしました。会うは別れの始めと言われますが、いつか別れなければならないとは思っても、実際、その時が来ると辛いですね。。。今までお世話になりました!有難うございました!!!
今度は代わってM先生が福井に来られました。今日、そのM先生の講演会が三国でありましたので、参詣しました。
 人生の目的と生き甲斐との違いについて教えてもらいました。
 人生の目的と生き甲斐とは違うものだとハッキリ知る人は稀だと思います。
 生き甲斐は人それぞれ、異なるもの、異なって当たり前のものを言います。人の為、社会の為に仕事をする、お金を稼ぐ、財を築く、ノーベル賞を取るなどを言います。生きている70年、80年の間の事、とも教えてもらいました。対して人生の目的は万人共通唯一のものを言います。何億人、何十億人、いろいろな国籍の人がいても、共通した、たった一つのもの。これが人生の目的です。人生の目的をお釈迦様は「人身受け難し今已に受く」(生まれ難い人間に生まれて良かった!!!)と言われ、親鸞聖人は「噫、弘誓の強縁は多生にも値いがたく、真実の浄信は億劫にも獲がたし」と言われています。「多生」「億劫」とも何十億何兆年よりも長い時間を言い、人生の目的を多生の目的とも言うと教えてもらいました。仏教を聞かなければ、こんな事はもう知ることができません。そんな人生の目的が生きている今、完成できる、と教えられるのが親鸞聖人であり、その親鸞聖人の教えを平生業成と言われます。想像を超えた深さも知れない教えで、世界の三大宗教と言っても、仏教がトップにあげられるのもわかります。
 
スポンサーサイト

勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<福井に会館が! | ホーム | 正しく聞くことは難しい>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。