浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

太平洋戦争の初期、日本軍が破竹の勢いで連戦連勝していた頃、

日本軍の勢いに押され、ダグラス・マッカーサーがフィリピンの

コレヒドール島から脱出せざるをえなくなった時、

「I shall return」(私は必ず戻ってくるであろう)

と言ったというのは有名です。

時は遡り800年前。京都でお生まれになられた親鸞聖人は

法然上人から阿弥陀仏の本願を聞かれ、その後、お弟子と

なられました。すべての人が救われるたった1本の道である

一向専念無量寿仏

を余りにも強く叫ばれてた為、時の権力者の怒りに触れ、

越後流刑となり、止むに止まれずお師匠様の法然上人と

別れさせられ、生まれ故郷の京都を後にされました。

五濁の時機いたりては
道俗ともにあらそいて
念仏信ずるひとをみて
疑謗破滅さかりなり


その後、越後で5年間、関東で20年間、過ごされ、60才を

過ぎられてようやく生まれ故郷の京都にお帰りになられました。

お師匠様の法然上人と無理やり別れさせられた権力者がいる

京都になぜ親鸞聖人が帰られたのか、はわかりませんが、

余程の事情があったに違いありません。親鸞聖人だけでなく、

歴代の善知識方は大変なご苦労をされて、真実の仏法を

伝えてゆかれました。

如来大悲の恩徳は
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も
骨を砕きても謝すべし


親鸞聖人がお生まれになれた日まであと1ヶ月少し。福井では

毎年恒例の蓮如上人の御影道中が始まります。

両善知識のご恩を偲び、少しでも報いることができるように

頑張りたいと思います。
スポンサーサイト

こまどりのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<福井会館はリフォーム中! | ホーム | 福井会館始動!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。