浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

老苦

こんにちは! 2ヶ月あまり、ご無沙汰して本当に(´Д`;)ヾ すみません。

さぼり癖がついてしまっていました(^_^;)

さて、3日前に、福井から実家の広島に戻ってきました。両親や祖父母と久しぶりの再会を喜びあいましたが

同時に「仏説まこと」を知らされ、パソコンに

向かっています…。

 それは、今日のタイトル「老苦」です。仏教では、生老病死の四つを合わせて、四苦が説かれています。

2番目の老苦は、老いてゆく苦しみです。

 ちょうど1年前、家に帰ったときには、元気で趣味のカラオケに熱中していた祖母が、3ヶ月前から

何もする気がなくなったそうです。自転車にも乗らなくなり、だんだんと足腰が弱くなり、今は、

叔母と母の補助が必要になりました。

 20代、30代は、健康で、自分のやりたいことはある程度、自分で考え、行動していますが、

40、50、60代と年齢を重ねるうちに、必ず老いてゆくのが人間です。

 来年83歳になる祖母を通して、老いの実態、そして老いてゆくことの苦しみを知らされました。

 そして、祖母の姿を見て、自分も自覚なくても、どんどんと時が過ぎ去ってゆくことを強く

感ぜずにおれませんでした。

 「世の中の娘が嫁と花咲いて 嬶としぼんで、婆と散りゆく」(一休)

 「子供叱るな 来た道じゃ 年寄り笑うな 行く道じゃ」

 我が身も必ず、老いて、最後があることを心において、日々、頑張らねばと知らされました。
  
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム | 福井会館は宝箱>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。