FC2ブログ

浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

親鸞聖人の大啓蒙

滝


昨年の自殺者は3万2249人と、ニュースでやっていました。

この人数は小浜市の人口とほぼ同じです。
     (3万1160人、H21年4月現在)


年代別だと30代が一番、多く、4850人で、統計開始以降、最多だそうです。

「人命は地球より重い」と言われますが、自分の生命が地球よりも重いものだと

知ったならば、自殺をする人はいないと思います。

「なぜ、人命は地球よりも重いのか?」

「苦しくともなぜ自殺をしてはならないのか?」


これについて明快に答えられる人は少ないのではないでしょうか。

 「歎異抄をひらく」に以下のような記述があります。

 「『死んではならぬ』『強く生きよ』と高々と、命の尊重を説いた先生が、あっさり首を

吊って世を驚かす。なぜか有名人の自殺は美化されるが、生命の尊厳性が

確認されない限り、自殺の是非も。そらごとたわごとの、ひとこまにすぎない。

 そらごと、たわごとに生きるのは、噴火山上の舞踏に等しく、不気味な不安に耐えきれず、

死を選ぶのもむべなるかなと思われる。

 さればこそ、聖人の大啓蒙だ。

 『ただ念仏のみそまことにておわします』

”みな人よ、限りない生命の歓喜(摂取不捨の利益)を

獲て、ただ念仏するほか、人と生まれし本懐はないのだよ”


 親鸞聖人九十年、唯一のメッセージを伝えんと、泣く泣く筆を染めた渾身の書が、

『歎異抄』と言えよう。」(P.272)
 
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<顕真学院日記(山椒みそ) | ホーム | 星空の説法>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。