FC2ブログ

浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Mr.Childrenから感じること(1)

Mr.Childrenは私が好きなグループの一つです。

高校時代に熱狂的なファンである友達の影響で、いろいろ聞かされ教えてもらい、

すっかり好きになってしまいました。

「ニシエヒガシエ」「終わりなき旅」「光の射す方へ」というシングルがあり、

この順で発売されています。親鸞学徒はいろいろ思うことがあるようです。

親鸞学徒でミスチルのファンの人から教えてもらったことですが…。

「ニシエヒガシエ」の歌詞に以下のような部分があります。


夢や理想にゃ 手が届かないが
不満ならべたって きりがないし
昨日の僕になんて バイバイ
明日を担って 風にまたがって
ニシエヒガシエ


 夢や理想を追う時、目標を立てて進む時、結末は2つです。

 叶うか叶わないかです。

 叶わなかった場合は他の夢や目標に向かって頑張ります。

 叶った場合はどうか?

 「なぜ生きる」に以下のように書かれてあります。


「『来てみれば さほどでもなき 富士の山』と詠まれるように、遠方から眺めれば
秀麗な山も、登ってみると空き缶や散乱するゴミで、失望させられます。
私たちの描く『目標』も、遠くにあるときは素晴らしく見えますが、『やった!』と
たどり着いた瞬間、何かが心に忍びよります。
 ようやくかなった夢なのに、『得られたものはこれだけか』、
とガッカリした体験はないでしょうか。」



 結局、目標が達成されても、またスタート地点へ逆戻りで、

新たな夢、目標に向かって進むようです。


 私は中学・高校と運動部でしたので、実感を持ってわかります。

 一生懸命、練習して、まずはレギュラーとなって、大会に出れるようにがんばります。

 大会に出れるようになると、少しでも上の大会にいけるよう練習に励みます。

 実際、大会でいい成績を残せたとしても、満足感、達成感は続かず、すぐに次の大会、

もっといい成績が残せるよう、練習をします。それを繰り返して、引退をする。

 何も残らず、一生懸命していたのは、何だったのかと思ったものでした。

 何が足りないのか、
 何をしたら、本当に心から満足できるのか。


 「方角」がわからない当時の私はミスチルの歌のように「ニシエヒガシエ」迷っているようでした。

 そんな私が、その後、親鸞聖人の御教えと出会うのですが…。

<続く>
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<しゅうち心 なくした妻は ポーニョポニョ | ホーム | 今日は何の日?>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。