FC2ブログ

浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Mr.Childrenから感じること(2)

前回の続きです。

自分の高校生活、「何か」が足りない。

それなりには満足しているけど、それなりにつまらない。これはなぜ?

わからずじまいのまま、いよいよ大学進学を考えなければならなくなりました。

大学でどんな勉強をするかで、仕事がほぼ決まってしまうなぁ、と

ふと思いました。その時、

「どんな仕事に就きたいんだろう??」

「一体、自分は何がしたいんだ??」

「そもそも私の長所って?短所って、何??」

自分自身のことなのに、「自分」のことがわからず、

考え込みました。頑張って何かに打ち込む意味がわからなくなり、

しばらく、何も手につかなくなってしまいました。

 それでも今は大学受験をするしかない、と思い、勉強を始めました。

 当時、「自分探しの旅」なんていう言葉はなかったですが、

「自分探しの旅」が一昔前、流行りました。

「終わりなき旅」の歌詞にそんなことが書かれています。


閉ざされたドアの向こうに新しい何かが待っていて
きっときっとって君を動かしている
いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう
もっと素晴らしいはずの自分を探して

胸に抱え込んだ迷いがプラスの力に変わるように
いつも今日だって僕らは動いてる
嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
もっと大きなはずの自分を探す終わりなき旅



「私」というものハッキリしなければ、どこに向かって生きていけばいいか、

どうしたら悔いのない人生になるのかわからなくなります。

 ちょうど、地図を見る時、まず自分が今、いる場所を確認してから、

行きたいところにどうしたら行けるか、調べるようなものです。

 現在地を間違うといくら行きたい場所がハッキリしていても、だどり着けません。

 目的、方角も大事ですが、同じくらい「私とは何か?」ということを知ることが

大事だとわかります。

<続く>

スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<和するをことを貴しとする | ホーム | 「歎異抄をひらく」が1位になりました!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。