浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

言葉の壁

今日、勉強会に行ってきました!

”教え”の大切さについて、教えて頂きました。

教えとは方角、目的ということであり、

正しい方角に向かって進まなければ、行きたいところにたどり着くことはありません。

 正しく教えを知ることは大事だと教えて頂きました。

 一昨日、同朋の里に行った時、ブラジルから来られている人とお昼を一緒に取ったそうです。

 一昨日に限らず、親鸞会館でご法座があると、海外から来られている人をたくさん見ます。

 大変な苦労をされて、来られていると思います。お金や時間、体力的なこともそうですが、

一番のネックは言葉の壁だそうです。せっかく、仏法を聞きに来ても、

通訳を通してでないとわからない。直接、日本語で聞けない。何か深い、尊いことを

言われているとは感じるそうですが、それが何なのかわからない。

”教え”を知りたくても、言葉の壁があり、うまくいかない。

 外国の人は日本人を見られると、

”日本語ができる”ということは何億円出しても

買うことのできない素晴らしい財産を

持っておられる


と羨ましく思われるそうです。そして、

日本語ができるのは

決して当たり前のことではありませんよ、

と言われるそうです。

 日本で生まれ、育った私は仏縁に恵まれるまで、日本語がわかり、話せることは当たり前で、

有り難いこととは思いませんでした。それよりも英語や中国語など、外国語が話せたら

どんなにこそ、良かろうかと思っていました。そんな私でしたが、仏法を聞かせて頂くようになり、

日本語ができるというのは、有り難いことだなと思うようになりました。

 外国人の親鸞学徒はなんとか日本語をわかるようになりたいと必死で勉強されている人も

あるそうです。

通訳を介さず、直接、仏法を聞ける。

当たり前になっていましたが、

これがどれほど、恵まれ、幸せなことか。


外国の親鸞学徒の話を聞くとしみじみ思います。
スポンサーサイト

勉強会 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ガソリン価格上昇中! | ホーム | 疲労回復法と新作スイーツ紹介>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。