浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

トルコ桔梗!

トルコ桔梗が学院の食堂に飾られていました!

toruko.jpg

美しい花ですね。好きな人が多いそうですが、納得です。

花言葉は「清々しい美しさ、深い思いやり」です。

ベリーさん、ショコラさん、マロンさんを連想します。。。

このトルコ桔梗をめぐり、ちょっとした討論が勃発。

”トルコききょう”か、それとも”トルコぎきょう”か。

花博士ベリーさんに教えてもらいました。辞典や図鑑では”ぎきょう”だそうですが、

”ききょう”も使われるそうです。つまり、どっちでもいいってことですね。

またひとつ勉強になりました。

 花を見ていると、気分が落ち着き、穏やかになってきます。

 そうそう、お仏花は仏さまの慈悲を表しています。

 慈悲とは、仏教の言葉です。抜苦与楽とも言われます。

 苦しみを抜いて、楽しみを与えるということです。

 私たちの苦悩の根元である無明の闇を破り、絶対の幸福にしてやりたいという

阿弥陀仏の御心をお仏花であらわされています。

 また、仏さまの慈悲を象であらわされることもあります。象と言えば、おとなしい、

優しい動物です。お釈迦様はインドで活躍された方ですから、象で慈悲を

あらわしておられます。

 かなり前に親鸞会のブログポータルでお仏花の話題が出ていました。

 学院のお仏花もかなり美しく、機会があれば、紹介したいと思います。

 
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<半夏生って何の日? | ホーム | 学院に来てもう1年経ちます。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。