浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

半夏生って何の日?

昨日、7月2日は半夏生でした。”はんげしょう”と読みます。

私は今まで知りませんでした。

一昨日、新聞広告を見た時、”半夏生”の文字が大きく出ていて、

何て読むんだ?と思いました。そして、広告を見るとサバが安売りしている。

私はてっきり、福井の習慣で、この日はサバを食べるんだろうと思いました。ところが、

今日、食事の時、話題に出て、福井だけの習慣でないことがわかりました。

ただ食べるものが違うようで、関西ではタコ、香川ではうどんを食べるそうです。

福井では焼きサバを食べるそうです。

 更に詳しく調べてみると、この時期は田植えに最も適した時期と言われているそうで、

夏至から半夏生までにしていたそうです。

 ということは親鸞聖人が田植え歌を作られたのは夏至から半夏生までの間なんでしょうか。

 こんな蒸し暑いなか、親鸞聖人は農家の人たちと田植えをされ、弥陀の本願を

伝えていかれたのかと思うと、今まで暑い暑いとばかり思っていた時期でしたが、

何だか心に響くものがあります。
スポンサーサイト

こまどりのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<自分自身のことを書かないワケ | ホーム | トルコ桔梗!>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。