FC2ブログ

浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

布施の大切さ

今日も蒸し暑い日でした。こんな時には無性にかき氷が恋しくなってきます…


松岡で講演会があったので、参詣してきました。

演題は「布施の大切さ」について。仏教では布施はとても善いことだから、

大いにやりなさいと教えられています。

布施とは親切ということ。尊敬する人、恩人、困っている人にお金や物をあげたり、

ボランティアなど無償で働いたりすることを言います。仏教の言葉で財施と言います。

 私は、そんなによいことだと教えられているなら、是非、実行したい、と思いました。

しかし!お金や物を持っている時ならよいが、いつでもあるわけでないし…。

どうしたらいいんだろう?と思っていたら、ズバリ教えて頂きました!!

 お釈迦様に私のようなことを尋ねた人があったようです。お釈迦様はそんな人には

「和顔愛語」を勧めておられるそうです。

和顔とは笑顔ということ。愛語とはやさしい言葉をかけること。

 おお!これなら心がけ一つでできる…かも。


 財施も尊いことですが、もっと素晴らしい布施行が法施です。仏法を施すことで、

阿弥陀仏の本願を人に伝えることを言います。

 「財は一代の宝 法は末代の宝」と言われ、お金や物はこの世、生きている時だけ、

私たちを楽しませるものですが、仏法を聞き、阿弥陀仏に救われたならば、

この世から未来永遠に変わることのない幸せの身にして頂けます。

 善導大師は「自信教人信 難中転更難 大悲伝普化 真成報仏恩」と教えられています。

 「自分が阿弥陀仏に救われるのも難しいが、人を阿弥陀仏に救われるところまで

導くのはもっと難しい。けれども、一番、阿弥陀仏が喜ばれることなんだよ」と

教えられたお言葉です。


 今日はとても大切なことを教えて頂きました。早速、実践したいと思います!


~おまけ~

ベリーさんの新作レシピの紹介です☆

全世界のファンの皆さん、お待たせしました!!!

メモの用意はいいですか?

この時期にぴったりのさっぱりした一品です♪

材料
きゅうり  食べたいだけ
梅干し   お好みの量

作り方

① きゅうりをすりこぎ棒でたたいて、手で一口大の大きさにちぎる。
  梅干しは種をとって、包丁でたたいて、ペースト状にする。
  (アジのたたきのイメージ)

② ビニール袋に①を入れて、もむ。

③ すぐ食べても、冷蔵庫で一晩置いてもよいです。



 きゅうりを包丁で切らずに手でちぎると梅干しとのからみがよくなります。

 実に簡単☆ベリーさん、すごいです。尊敬しちゃいます!(いつもですが…)
スポンサーサイト

勉強会 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<初投稿です☆ | ホーム | あわら市で勉強会>>

コメント

いいですなぁ……。
まごころこもった手料理で、心も体も元気一杯ですね!
(*^-^)
2009-07-20 Mon 10:33 | URL | ぴょぴょんがぴょんた [ 編集 ]
いつもコメント、ありがとうございます!

そうなんです。勉強会に来られる皆さんから、

感嘆の声があがるんです。

ベリーGoodのお弁当を持たせてもらい、感謝感謝です♪
2009-07-20 Mon 19:04 | URL | 福井教室 [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |