浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

皆既日食を見るよりも…

明日はいよいよ皆既日食ですね。世紀の天文ショーにうきうきしている人もいるのでは

ないでしょうか。

今回、鹿児島県のトカラ列島という離島が日本の最長観測スポットのようです。

既に連休から泊まり込みをしている人もあるとニュースでやっていました。

香港でも、皆既日食に町中、沸いているようです。何と前回、香港で皆既日食を

見れたのは240年前というから驚きです。次回、見れるのは300年後だそうです。

 福井はあいにく天気が悪いようですので、見れる期待は薄そうです。

 何十年に一度しか、見れないと聞くと、興味関心がなかった人も、

見てみようか、という心が出るから、人間って限定に弱いとしみじみ思います。

かくいう私も、限定に弱いですが…。


 皆既日食を見ること以上に難しいことが仏法を聞くこと。

 お釈迦様はヒマラヤ山の頂上から糸を垂らし、ふもとの針に糸を通すことよりも

難しいことだと教えられています。だから、百千万劫の仏縁と言われ、仏法を

聞けることは何百年に1度、何億年に1度どころでない、とても有り難いことなのです。

 そんなあい難い仏縁に恵まれた親鸞学徒が集う二千畳はいつも喜びで

満ちています。年齢、性別、出身地、趣味、生きがいなどが違っても、

親鸞学徒は共に仏縁に恵まれたことを喜びあい、仲良くなってしまいます。

 小学生の時、♪1年生になったら、1年生になったら、友達100人できるかな?

なんて歌を歌いましたが、100人なんてすぐです。

 皆既日食を見に行くのも結構なことですが、富山に仏法を聞きに行くのはもっと

素晴らしいことです。8月は「父母恩重経」について聞かせて頂けます。

 日ごろ、どれだけ両親から受けているご恩を振り返り、かみしめて、

ありがたく感謝しているかな……、と思うと、申し訳ない限り。

追悼法要で仏法を聞かせて頂いて、両親のご恩に感謝し、光に向かって

進ませていただく御縁にしたいと思います。
スポンサーサイト

こまどりのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<需要と供給 | ホーム | いねすのエコ設備>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。