浄土真宗親鸞会 親鸞学徒福井教室

浄土真宗親鸞会の学徒のブログです。 人生の目的(なぜ生きる)などについて語っていきたいと 思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ひょうたんと言葉

ひょうたん

これは親鸞会館の玄関に置いてあった千成ひょうたん。

そういえば、私の通っていた小学校に畑があって、

ひょうたんとか、へちまがあったのを思い出しました。

畑では授業の一環ですいかなどを作るんです。水やりから

草とりまで自分たちでしていたんですよ。今思うと、

畑のある学校って、かなり田舎の学校ですね。。。

書いていて、ふと思いましたが、ことわざに

「ひょうたんから駒」ってありますよね。

気になって調べてみたら、こんな意味でした。

意外な所から意外な物が出ること。

また、道理上ありえないことのたとえ。

主に、冗談半分で言い出したことが事実となってしまう

場合などに使う。



な、なるほど~。こんな意味だったんですね。

たとえ冗談で言ったとしても、言葉には実際に言った通りに

実現するパワーがあると実感します。因果の道理を

教えてもらい、より鮮明にわかりました。仏教では私たちの

受ける結果(仏教では使いませんが運命ということ)は、

私の行為が生み出しものだと教えられます。行為には、

心と体と口と3つ、教えられています。だから、

しゃべった言葉はその通りに実現するパワーが

あるんです。以前、

「楽しいから笑うんでない、笑うから楽しいんだ」

と言っていた人がいました。なりたい自分になる為に、

決意を発表したり、沈んでいる気持ちを上げる為に

叫んでみたり(?)

 言葉って、本当に大切ですね。
スポンサーサイト

こまどりのつぶやき | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<追悼法要の感想集 | ホーム | 株価の上下で思うこと>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。